アクリルガッシュメイキング FUTEMEMO
tori7.jpg

使わないことにもったいなさを感じ、
いい加減リハビリしようと意気込みました

どう塗ったらいいのか
全くわからないままやってますが
最終的には何とかなったんじゃ ないだろうかと 思います…
dme1.jpg

シャーペンでトレースしたものがこちら
外枠は定規で線を引いた後、(定規使うこと自体が激レア)
はみ出し防止で囲むようにマスキングテープで保護しました
ただし過信してはいけない…

塗りの過程だけを残したかったのでラフと下描きは割愛します
結局やること変わり映えしないので…

dme2.jpg 
背景から塗ります
アクリルガッシュは不透明かつ乾くと水に溶けません
後でいくらでも上から塗り重ねるのではみ出しは気にしない!
描いた本人さえ輪郭がわかってればよいです

dme3.jpg 
次に下塗りしてから筆でなぞります
下塗りの際は水多めで薄めに塗りました

なぞる時は極細筆を使用
なぞっとくと塗り忘れ防止に繋がるのでわりと重要だなと思ったり…

dme4.jpg 
大まかな塗る時の手順です

・水はほとんど使わずに色を適当に置く
・乾かないうちに画面の中で色を混ぜる
・明るい色や濃い色を更に濃くする
・薄く水で伸ばして形を整える

dme5.jpg 
だいたいこんな感じ
あまり深く考えずに塗ってるのでほんとに適当…
はみ出しても大丈夫なように、
下に来るものから先に塗るのは忘れずに!

dme6.jpg 
背景できた~
このままだと立体感が弱すぎる&パッとしないので…

dme7.jpg 
全体に3色を使い、陰影をつけてみました
水をあまり付けずにワシャっとしたりティッシュで叩いたり

dme8.jpg 
やっとメインに取り掛かります
何となく(正直、意味なかった)2色使ってなぞった後
ピンクで下塗り

dme9.jpg 
キャラを塗り終えたら浮き出てくるように試行錯誤
レインボーな色を使って極細筆でちなちまなぞったり、
ところどころそのまま色を置いてかすれさせたりなど
あとホワイトでハイライトを入れました

dme10.jpg 
仕上げに取り掛かります
ホワイトのペンで周りをなぞった後、
めっっっちゃくちゃ悩んだんですが
結局模様を散りばめることにしました 写真の3色を使用

dme11.jpg 
終わった終わった
ちなみにこの後マステ剥がしたら
超微妙にはみ出てました、どっちにしろトリミングするので
意味なかった気がする

st_l_4-6.jpg 

という訳で完成~
スキャンするといっつもいっつも色が飛びまくるので
水彩で乗算!オーバーレイ!色相!
適当に色々試して原画と睨み合いです
スキャンしてからの編集、運が悪いと軽く1時間はかかります

リハビリ的な制作過程ですが
最後の仕上げから一気に楽しくなりました
長い目で見るのって大事だ…

昔はちょっとでも気に入らないとすぐボツにしてたので、
絵を完成させることが
よほど波に乗ってない限りできなかったんですけど
完成させるようになったってだけでも進歩かしら…と勝手にしみじみ