メイキング FUTEMEMO
tori5.jpg 

初のオリジナルキャラでメイキング
というよりもメイキングという名の反省会です

沢山やらかしたこそ、その失敗を脳に刻んでおいて(死ぬほど)
次はせめてもっと綺麗に塗れたら…いいなと…思います…
mem1.jpg 
ラフ→下描きの下描き→トレース後の下描き

ラフの究極のゴチャゴチャから下描きとしてまとめる時は
割と楽しいです

今回も下描きに大苦戦しました
どうしようもない時は延々と描き直してても(技術不足で修正ができない)
キリが無いので、諦めてバッサリ捨てるか
思い切ってぶっつけ本番にするかの2択 今回は後者

mem2.jpg 
マルチライナーでペン入れ
細いペンで何度もなぞって、かすれさせて味を出してみよう…といった感じ

高級水彩紙を使用してます(ウォーターフォードのナチュラル)

mem3.jpg 
いつもの水彩色鉛筆を使用

大昔に読んだ本に、ある少女漫画家さんが
「カラーは肌さえ綺麗に塗れてればほぼ完成」
って言ってたのがかなり響きまして それがずっと私のポリシーになっているという
なので肌色は1番最初と決めてます

mem4.jpg 
どこに何色を置くかをまともに決めて無かったので
うっっっすく髪の影や、電球や街灯を塗ってみる…

mem5.jpg 
ピンク、黄、水色の3色をメインにちまちまと濃くしていきます

キャラを目立たせるために、他の箇所には塗っていない
赤を濃く塗ることで視線を誘導する作戦

mem6.jpg

ここからコピックへチェンジ

今回は元々コピックをメインで塗ると決めてまして…
高級水彩紙でコピックを使ったことがなかったという
経験の無さが 大ダメージとなりました

・紙がザラザラなので塗り込むのに時間がかかる

・紙に勢いよくインクが染み込むので広がり方がエグい

水彩で塗る為に作られている紙で、
コピックをメインに塗ってみるということが
無謀なのは言うまでもないので、備忘録として書いています

この時点で相性が最悪なのは薄々感じ取りましたが
最終的には見れる絵になってくれ…と
もはや何と戦っているのかわからない状況に

奥の薄い色より手前の濃い色
先に塗ってしまっている時点で超テンパってるのが
見て取れる悲劇………

mem7.jpg 

慌てて草を塗りましたよ

mem8.jpg

そして地獄の失敗、第2段で…ございます…
草かなんか(イメージで描いてるのでモチーフの正体を張本人がわかってない)
の光を、コピックでいきなりオレンジで塗ってしまいました

ここでやっと気付いたんですけど、0番でリカバリーが(ほぼ)できません
コピックでごまかそうとすればするほど逆効果になります

私の塗り方で立ち向かえる相手ではなかったんだ…
こうやってまた向き合って見てるとあまりの色の汚さと憤りで絶句するしかない

なので、水彩色鉛筆のホワイトを塗って乾かして塗っての繰り返し
何とか薄くすることに成功しました さすが水彩…

mem9.jpg 
気を取り直して(取り直してない)
ドレスやら草かなんかを塗り込んでいきました
光を強調する為に、影を濃くしたりもしています

mem10.jpg 
テンションが奈落の底まで落ちそうだったので
急遽目を塗り込むことに
目も目でめちゃくちゃ滲んで大惨事になりましたが
またホワイトに助けられました 偉大すぎる…

本気で失敗してる時は写真を撮る余裕が1ミリも無い
修正効くか効かないかは時間との勝負なので…無駄なことをしたら終わり…

本当に何と戦ってるんだ

mem11.jpg 
インクの乾き待ちで、虚無になりながら撮った机

mem12.jpg

背景を塗っていきます
コピックで適当に色を置いたらバリオスインクで滲ませるアレです

今まであまりにやらかしすぎて、もはや豪快にインクがはみ出すくらいでは
動じなくなってしまいました これが悟り…?

あとバリオスインクを青紫に垂らした結果、
インクに含まれている蛍光色が分離したのか
カラフルなピンクが急に浮き出てきました。超おもしろいですね
誰か助けてくれ

mem13.jpg 
頼むからいい加減何とかなってくれと黄色メインに
コピックと水彩色鉛筆を酷使する、塗り重ね祭りです

インクがはみ出したところは修正液でとりあえずごまかせたので良し

今回、水彩色鉛筆のホワイトが無かったら私はどうなってたんだ…?

mem14.jpg 

最後のホワイトで急に生気が戻り始めました
あと光に照らされた感を強めに出したいので
水彩色鉛筆の黄色とオレンジを全体に使用

mem15.jpg 
終わった…終わったぞ…
左にある紙はボツにしたものです
そのまま捨てず、紙パレットにするエコ活動です

自分自身にキレすぎて
文章を書くのに疲弊し始めたのでどんどん雑にまとめていきます

top.jpg

完成~~~~~~~~~~~~~~
色編集にめっっっっっちゃくちゃ苦戦しました
スキャンすると黄色は濁るわ紫は飛ぶわで
こういう時にデジタルの技術がもっとあればなあと実感します

怒涛の反省会と戒めにお付き合い頂いてありがとうございました

高級水彩紙は水彩色鉛筆と色鉛筆メインで使用することを誓います