水彩色鉛筆+色鉛筆メイキング FUTEMEMO
tori4.jpg 

新しい塗り方を試すたびに
メイキングを残すことにしました(今決めた)

とにかくメインで使うことに苦手意識が強かった水彩色鉛筆と
本格的に仲良くなろうと試みてます 気合いを入れて高い紙も買ったので…
ame1.jpg 
ラフを下描きの下描きとして使う
涙と鉱石がとにかく描きたかったので取り入れる
鉱石描くの初めてでどうなることやら

ame2.jpg 
トレース後
今回はシャーペンを使用
2B以外マジで使えません 私は2B信者

色鉛筆を主線にするので
あくまでシャーペンの線は下描き
なので練り消しで限りなく薄くしてます

加工で無理やり浮き上がってる状態ですが
実際はほとんど消えてて白いです

ame3.jpg 
色鉛筆でなぞったものがこちら
後に色を使いすぎたことをやや後悔します いつものパターンだ
思った以上に線が主張して画面がうるさくなってる…

色鉛筆は水に溶けないカリスマカラーを使用
この色鉛筆、発色がいいので
濃く、はっきりした色や線を好む人に向いてる気がします 愛用してます

ame4.jpg 
後は水彩色鉛筆でどんどん塗っていきます
ドット絵でキャラの唇がはっきりしてるので、
デフォルメじゃなければ塗り込んでもいいかなーと
うまく自分の絵に落とし込めるようにしたい

塗っているうちに化粧をしている感覚になりました

ame7.jpg 
「これ本当に完成するのか??」と
漠然とした不安が付きまといつつ進めてました

髪の色と鉱石はほぼ同じ色です 混ぜたりぼかしたり重ねたり

鉱石は下地をバラバラの色で塗ってから、
細い筆で線を描いて境目を作り、
1つ1つのパーツをグラデーションを意識して
ちまちま塗っていけばそれっぽくなるのでは………ないだろうか………
迷走しまくりました 資料見てもさっぱりすぎて困る

ame8.jpg 
今更ですが水彩色鉛筆がメインになると
最後の最後に目を塗るという順番が全く無くなります
全体を塗ってかないとすぐバランスがおかしくなる

ひたすら濃くすることの繰り返しです
鉱石の方は水彩色鉛筆で線を描いてから
水で溶かしたりもしてます

あと太めの水筆で、全体を同じ色でササッと塗るという
なんとなくまとまって見える気がする裏技を使用(最後まで乱用します)

それにしても影を入れるだけで
一気にキャラの存在感が増す!便利!

ame9.jpg 
気になる箇所をちまちま修正してます
写真だとわかりにくいですが
黄色+ピンクを全体に入れてみました

ame10.jpg 
スーパーハイライトタイム
ボールペンタイプのホワイトやら、
水彩色鉛筆の白を溶かして塗ったり
そのまま描き込んだりして、楽しすぎてトランス状態になりました

本当にいつもありがとうホワイト

ame11.jpg 
おしまいの机
使った色はしまわずに
塗り終わるまで出しておいてます

毎回ありのまますぎて、
ティッシュくらい捨てたほうがいい気がしてきた

st_l_4-4.jpg

スキャンして編集して完成!

ググると出てくるんですが、紙の凸凹を軽減する
スキャンのやり方を試したところ、あまりの違いに感動が止まらず
理屈は全くわかりませんが、これをこうするだけで
こんなに消えるものなのかと 発見した人、天才すぎるのでは?

水彩紙はどうしても紙の表面が出てしまうので
いつも処理に悩んでたんですが
その悩む時間が消えたことが大収穫すぎて言うことなしです

背景だけ無理やり消しゴムで白くしたけど
どうしてもキャラが紙の凸凹のせいで
薄暗くなってしまってた悲しい思い出

という訳でスキャンの話で無理やり締める
見てくださってありがとうございました!