水彩色鉛筆メイキング FUTEMEMO
tori2.jpg 

前回やったコピックメイキングが思った以上に
やってて楽しかったのと、色々な発見があって
正直かなり役立ったのでまた過程を残してみることにしました
sume1.jpg

相変わらず汚いラフ
他の絵を描いてる間に瞬時に思いつき、
忘れないうちにソッコー殴り描きしました

たまにこういう、即思いついて即描けるという
神の流れが舞い降りてきます
毎度こうあってくれ

右側の彼もそのうち描きたい

sume2.jpg 

改めてキャラの資料をしっかり見つつ下描きの下描き
この2人、かなり描きやすい気がする…

sume3.jpg 
線画 だいぶ髪型も顔も変わってる…
コピックマルチライナーのブラウン大活躍

頬の線、やっぱり桜色はくどいんじゃなかろうかと思いまして
また使い道を悩み始めました ので今回出番なし

コピックの時より、
髪の線はそれほど描き込まないように意識してます
水彩色鉛筆は余白を多めに残しつつ塗り重ねるので
線よりも塗りで見せる、みたいな…
あまり効果ないかも

sume4.jpg 

線画終了後、
水道(シャワー)で紙を両面まんべんなく濡らし、
こんな感じで乾かします あ、改めて見ると雑すぎ…
雑貨屋によくある洗濯バサミみたいなのほしい

こうすることで紙がべこべこになるのを防ぐ作戦
水張りがド下手すぎるあまり、こういった手段に出ました

乾いた後の用紙は、分厚い本などをどっさり置いて
なるべく平らにします 3時間以上は置いたほうがいいかも

sume5.jpg 

全て準備ができたら色を塗っていきます
使用画材はスーパーカラーソフトと水筆
この色鉛筆、訳あり商品だったので半額以下で買えたんですよ…いい買い物した
ズボラな私にとって水筆は無くてはならないものです 革命です

sume6.jpg 

使いたい色を試し塗り用紙に適当に塗ります
肌色は基本この5色です

sume7.jpg 

まず色をやや濃いめに置いてから、
色のついた筆をティッシュで拭き取り、
一気に水で広げてなじませる の繰り返し

sume8.jpg 
根気強く、うす~~~~い色から
どんどん濃くしてなじませて
だいたい出来上がったものがこんな感じです

筆圧が強く、色々と雑な扱い方をする私の問題な気がしますが
何度も何度もすぐ塗り重ねると紙が痛みます(個人的に最重要なので太字にします)
なので程々に 休み休みやっていきます

頬の色は、下地がまだ乾かないうちに
ピンク色をつけた筆先で軽くちょんちょんとしてブワッと広げました

sume9.jpg 
こっちの肌は、混色する時にオレンジ多めにしてみました
公式になるべく近付けたいんですけど難しい!

sume10.jpg 
シェーンといえばやはりヒゲ
やや暗めのブルーを置いて水で伸ばしました
一気にシェーンっぽさが増した!気がする!
地味に目の下も同じ色を塗ってます 全然わからないですが…

sume11.jpg 
肌色を9割くらい塗り終えたら次は下塗りです
オレンジ2色を全体に塗ってから
水色で影になる部分を上から重ねました

下塗りをすることで
・何となくまとまって見える
・一気に作業が進んだように見える
ので非常に重要です ちょっとやりすぎたかもですが…

sume12.jpg 

服の色 もう公式の色を出すのを諦めつつある
下塗りが強調されすぎてしまいました アー
あともっと余白を残すべき…

sume13.jpg 
薄い色→濃い色→もっと濃い色→なんかいい感じに馴染みそうな明るい色
という順番で髪を塗りました
髪の線を何度もなぞってグラデーション意識すると
ぱきっとした塗りになって見栄えがよくなる気がする 錯覚?

sume14.jpg 
sume15.jpg 

同じように塗り塗り
微妙に色を変えたつもりだけど差がないな

sume16.jpg

服の色を塗ってから
全体に影を入れました(1番右)
影の色は補色を意識…

それにしても塗れば塗るほど濁っていく奇跡
次は透明感を目標にしよう…

sume17.jpg 
背景も塗りました

sume18.jpg 
待ちに待った目の色です
塗ってる間に他の部分もちょこちょこ修正入れまくりです

手順としては
全体を薄く塗る→濃い色を上半分塗る→色鉛筆で直に塗る→その上に濃い色を重ねる

sume19.jpg 
しっかり濃くしたい時は
最後の最後にメインの色+黒で混色します
黒はとても主張が強くなってしまうので慎重に、ちゃんと乾いてから塗ります
濁って水が広がってしまうと大事故に繋がりますゆえ

sume20.jpg 
全て塗り終えた後の試し塗り用紙という名のパレット

st_l_4-1.jpg 
気の済むまでホワイトを散らし、
スキャン→トリミング→編集ソフトで彩度などをいじって完成!
水彩で塗った感が出る紙のぼこぼこはなるべく残すようにします
余白のぼこぼこは気に入らないので消しゴムで地道に消してます

最後まで見ていただいてありがとうございました